スタッフ紹介 STAFF PROFILE

01 代表取締役 青木 幹晴

代表取締役 青木 幹晴

昭和30年(1955) 愛知県豊橋市生まれ
昭和53年(1978) 早稲田大学商学部卒業
トヨタ自動車工業株式会社(現トヨタ自動車)入社

トヨタでの職歴

人事部人事課
海外関係人事 3年
財務部経理課
輸出入経理、国内債権債務管理 3年
本社工場工務部原価グループ
鍛造工場能率・製造予算管理、工場棚卸総括 3年
本社工場工務部生産管理室
車体・塗装・組立工場生産管理 4年
米州事業部原価企画グループ
北米事業体原価管理、北米生産車原価企画 3年
田原工場工務部原価グループ
成形工場能率・製造予算管理、トヨタ生産方式部課長自主研 2年
田原工場工務部生産管理室
エンジン・鋳物工場生産管理、トヨタ生産方式部課長自主研 8年

計26年

賞状
本社部門(人事・財務・原価企画)9年、工場部門(本社工場・田原工場)17年と本社機能、工場機能のそれぞれを幅広く経験。
特に工場では生産管理と原価管理という「石垣」づくりとトヨタ生産方式自主研メンバーとして「天守閣」づくりの両方に長年従事。
平成16年(2004)

トヨタの基幹職チャレンジ・キャリヤ制度(他社への転出支援制度)によりトヨタを退職(退職時資格は課長級)

オーエスジー株式会社オーエスジープロダクションシステム推進本部副本部長就任

消耗性工具(ドリル・タップ・エンドミル)専門メーカーで自動車関連以外の業種の現場改善活動に従事。
平成19年(2007) 豊田生産コンサルティング株式会社設立

このページの先頭へ戻る

02 山田 敏博

山田 敏博

年齢 56 才(1955年1月23日生まれ)

略歴

  1. ①1979:国立・信州大学・大学院修士了
  2. ②1979:トヨタ自動車入社
  3. ③2010:トヨタ自動車を早期定年退職

トヨタ自動車ではメカトロシステム部、田原工場機械部、エンジン生技部に所属し、設備の設計・製造、エンジンの製造、設備の保全、生産準備及びエネルギー、温室ガス管理業務を経験。

TPS・TPM・TQM経歴

トヨタ自動車入社後にTPS,TPM,TQMは、毎日の業務の中で身につけ、設備の仕様に織り込んできました。

固有技術・管理技術等

  • 技術コンサル(機械部門)
  • 生産準備、設備保全、設備設計、エネルギー・温室ガス管理
  • 設備、工場の安全
  • 「プラモデル組立て工場立上げ」を題材にしたTPS実践指導

信条、趣味等

  1. ①Hobby: 球技以外の運動一般
  2. ②Motto: 楽しく生きる
  3. ③Comment: 全員が得する事業を進めたい
  4. ④韓国、 中国の調達、製造、物流現場のカイゼンを実施していくことに対する思い

働く人が楽しく働ける職場、利益の上がる職場、安全な職場にするため、働く人と一緒にカイゼンする。
トヨタ自動車で31年間勤めましたが、トヨタにいる間は、トヨタ生産方式を良く知らない人に、トヨタ生産方式だと言って「無理なカイゼンを押し付けていました」。無理なカイゼンとは、工程間にストックを無くすことです。

工程間にストックがないと問題が発生したときに、全工程が停まる事になります。これは見える化の極端な例で、ラインが停まるので問題解決ができる訳です。しかし全ての問題を解決することは、できません、壊れたら修理が必要ですし、部品交換も必要です。各々の実力に合ったストックをつくり、ストックを減らす事がカイゼンとして見えるようになります。私たちは、ストックの無い理想ラインを目指して、協力しますが、皆さんと「理想ラインとは何か」を話し合うことが一番重要だと考えています。

このページの先頭へ戻る

03 横田 昌彦

横田 昌彦

年齢 55才 昭和30年(1955年)

学歴 ハワイ州立大学(1976年)

略歴

①1976年: アドレスデータ(株)入社 開発部長
②1979年: イメージ情報開発(株)入社 新規事業開発部長、営業開発部長
③1983年: 同社名古屋営業所設立
名古屋事業部長、名古屋営業所長
共同イメージ(株)名古屋営業所長兼務
(株)共同通信社との合弁会社

経歴

  • 日本語入力センターの立上げ
  • コンピュータと印刷システムとの各種連携システムを開発
  • アウトソーシングセンターの立上げ
  • クレジット機能付各種会員管理システムの開発
  • オフコンによる各種アプリケーションシステムの開発
  • 汎用機OSの各種ドライバ開発
  • 通産省向け日本語パソコン試作機の開発
  • デンソー製ハンディターミナル(バーコード)の開発
  • デンソー電子製造部にて以下の各種システムを開発
    ハンディターミナル(バーコード)を利用した工場向け各種システムの開発
    各種ECU製品検査装置の開発
    上位FAシステムの開発
    各種ECU生産ラインからの自動情報収集(traceability)システムの開発
    各種ECU生産ライン(少量多品種ライン向け)の自動制御システムの開発

固有技術・管理技術等

  • マイコンから大型コンピュータまで多種のコンピュータソフト開発経験
  • 機械語・アセンブラ・汎用からC言語、Basic等多種のコンピュータ言語を経験
  • ニューメディア、マルチメディア等の最新技術の応用技術
  • デンソー電子製造部(日本、中国)の新規生産ライン開発に長年(日本:20年余)参加

信条、趣味等

  1. ①Hobby: 楽器演奏(SAX)
  2. ②Motto: 夢は無限、目標は実現
  3. ③Comment: 悩まず考える
  4. ④中国の製造、物流現場のカイゼンを実施していくことに対する思い

自身が経験したデンソー天津工場への自動化ライン導入にTPSの理念を加え、現場の方々がそれぞれ自身の現場に誇りをもてるような現場創りのお手伝いをしたい。

このページの先頭へ戻る

04 谷山 政弘

谷山 政弘

昭和20年(1945) 生まれ
昭和39年(1964) 大分県立安心院高等学校卒業
トヨタ自動車本社工場機械部配属
昭和51年(1976) 第一生産技術部工具整備課(三好工場) 班長
昭和58年(1983) 第一生産技術部工具整備課(上郷工場) 組長
平成2年(1990) 第一生産技術部工具整備課(田原工場) 工長
平成8年(1996) 第一生産技術部工具整備課(三好工場、明知工場)
平成9年(1997) 電子部品製造部(広瀬工場)
平成10年(1998) トヨタ自動車東北株式会社 電子部品1課 課長

トヨタでの主な職歴

  • 工具研削業務
  • 工具新設・変更・廃止
  • 工具改善
  • トヨタ初パワーステアリングの工程整備
  • アルミ溶解作業の開発
  • 生産技術部門QCアドバイザー金賞
  • トヨタ自動車東北工場立上げ業務
平成18年(2006) 株式会社キョウドー 安全部 部長
高所、感電、有機、粉塵、振動の特別教育講師資格取得

このページの先頭へ戻る

05 中野 章

中野 章

昭和21年(1946) 生まれ
昭和36年(1961) 秋田県立米内沢高等学校卒業
トヨタ自動車 第一生産技術部 工具整備課配属
昭和55年(1980) 1級工具研削技能士(切削工具研削作業)取得
昭和56年(1981) 職業訓練指導員資格取得
平成元年(1989) 第一生産技術部工具整備課組長昇格
平成5年(1993) 科学技術庁長官賞受賞
創意工夫金賞受賞
平成18年(2006) トヨタ自動車を定年退職
海外各工場(インドネシア、天津、長春、マレーシア、タイ)で、工具の生産準備及びトラブルシュート指導実施。

このページの先頭へ戻る